スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

食への執着

category: 未分類  

食事中に横切ったら唸られた。
食器を取ろうとしたら咬みつかれた。

よく聞く話です。

これを予防するための訓練がコレ。
(モデルはベル)

ベルエサ まずは待て

ベルエサ2 ちょっかい その1

ベルエサ3 ちょっかい その2

ベルエサ4 ちょっかい その3

他には、食事中に中断を入れるとか、手であげるなどがあります。

『食事中はそっとしておいてあげなさい』とよく言われるのですが
その好意が事故を生むきっかけになることが多いんです。

あまりにも障害が無いと、犬は『自力で獲得した物』と捉えるんですね。
自力で獲得した物、つまりは自分の物
自分の物であれば、それを守ろうとする意識が働くのも無理ありません。

なので、こうやって色々チャチャを入れることで
『これは人間から与えられている物だよ』
と意思表示するわけです。

母犬はちゃんとやっています。
お乳を飲みに来た子供を、あえて拒むことがあるんです。
そうすることで、お乳は
『あなたが飲みたいから飲める』ものではなく
『わたしが飲ませてあげるから飲める』ものだと。
主導権はこちらだよ、勘違いしなさんな、ということなんですね。

すべての犬がそうだとは言いませんが
食への執着というのは、生命に直接関与することなので
犬にとって特別なものがあります。
(服従訓練ではまかないきれない特別な領域と言っていい)

そしてこの訓練は、仔犬の時期にやっておかないとダメ!!
引っ張る、飛びつく、待てない…なんかは、あとでも間に合いますが
これと、ボディータッチの訓練、この二つは絶対に最初が勝負です。

ちなみに僕も、子供の頃よその犬の食事中に手を出して咬まれ
『手を出したアンタが悪い』と叱られたクチですが
食事中に手を出しても大丈夫なように躾ましょう、というのが本筋です。

これから仔犬を飼う方、今飼っている方
これだけは必ずやっておきましょう!



スポンサーサイト

2014_10_04

Comments

ベルは今、どうしてますかね?(´・Д・)」 

ベルをモデルに起用、有難うございます。
文面と写真だけでの教え方でしたがスゴく分かりやすかったです。
子犬のうちは、可愛いとゆう思いが表向きで見逃しがちな所が沢山あります。それお放っておくと取り返しのつかなくなる事も出てくる飼主の大事な役割の一つだなと再認識させられました。
ベルも飼主一同頑張りたいと思います。有難うございました。
 URL   2014-10-08 23:07  

 

ちょうどタイムリーに訓練しているので
ベル、モデルばっちりでした。

1枚目のマテの時、もう少しでヨダレの池ができそうでした。
何されても平~~~気でしょ?
こういう鈍感さが一番なんです!
あ、『鈍感』っていうのは、家庭犬の最高の褒め言葉ですからねv-290
犬は、神経張ってる数だけストレス浴びてるんです。
これからも日々がんばります♪
七面鳥  URL   2014-10-09 13:24  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

七面鳥

Author:七面鳥
七面鳥のひとり言へようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。