上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

九死に一生

category: 未分類  

名大生かまれ、全身血だらけ…大型犬5頭脱走

読売新聞 1月29日(火)21時33分配信


29日午後3時35分頃、名古屋市昭和区福原町の民家から大型犬5頭が逃げ出した。

うち1頭はすぐに自宅に戻り、残る4頭も通報を受けた愛知県警昭和署の署員ら
約40人が約1時間半後に捕獲したが、名古屋大の男子学生(22)が耳や両腕、両ひざなど
10か所をかまれ重傷を負った。

発表によると、逃げ出したのは、ドイツ原産で警備犬などとして知られる「ロットワイラー」のオスで
いずれも体長約80センチ、体高約65センチ。
男子学生は、飛び出してきた犬と飼い主宅前で鉢合わせとなり、かまれたという。

飼い主宅では計6頭のロットワイラーを飼育しており、逃げ出した当時、飼い主宅は留守だった。
5頭は敷地内で放し飼いだったが、自宅の門は開いた状態だったとみられる。
2009年には福岡県で、ロットワイラーと秋田犬の2頭に男児がかまれ、死亡する事故も起きており
同署は、重過失傷害容疑などで調べる。

現場近くで解体作業をしていた男性(24)は
「犬にかまれて全身血だらけの男性が『助けてくれ』と駆け込んできて驚いた」と話していた。




恐ろしいニュースですね。
『ロットワイラー5頭に襲われて、命があって本当によかった』
と、真っ先に思いました。
小さな子供だったら間違いなく、最悪の結果になっていたでしょう。

見習い訓練士時代に、1頭だけロットワイラーを担当したことがあります。
マリリンという女の子だったのですが、性格は良好で穏やか。
でも、動く物を追う時の表情や雰囲気、
認めた人間とそうではない人間に対する色分けなど
時に垣間見せるロットワイラーの地の部分に気を引き締めたものです。

ある意味、優秀な番犬なのですが
家庭犬としては危ういと言わざるをえません。
なかには上手く両立しているオーナーもいるでしょうけども…。

被害者の方の心情と、この犬たちの行く末を想うと
とても複雑な気持ちになります。
とにかく徹底した安全管理!
こういうタイプの大型犬を多頭飼いするのなら
例え門が開いてても外に出られないような、そんな配慮はできなかったのか?
語弊を承知で言えば、愛玩犬ではないのですから。

最後に泥をかぶるのは犬。
人間の責任なのに。

スポンサーサイト
2013_01_30

ご長寿

category: 未分類  

昨日からホテルで来てくれている
MIX犬のミロン君です。

ミロン

牛柄の可愛いミロン君は
なんと16歳(もうすぐ17歳)のお爺ちゃん。

高齢なうえ、他所に預けるのが初めてなので
飼い主さんも大変心配されていましたが
今日も快食快便
飄々とながら(笑)とっても元気です。
ご安心ください。

白内障や足腰の衰えは仕方ないにしても
事前に伺っていたイメージよりは
毛艶も良く、内臓は健康そう

もっともっと長生きするんだよ~
2013_01_26


今日はターキーの誕生日。
7歳になりました。

奇しくもカミさんも誕生日。
トシは…うっ、怖くて言えません(汗)

思えば先住犬のピクシーに
フリスビードッグとしての限界を感じていた頃
ネットで出会ったのが最初でした。

ターキーの生まれは、北海道のボーヤファーム
http://www.netbeet.ne.jp/~boya/
フリスビードッグの業界でも有名な名門なんです。

ホームページを開けて仔犬出産情報を見つけ
誕生日を見た瞬間、即決しました。
1月21日。
もう運命的な出会いだと思いましたね。

あれから7年。
アスリート犬として高い次元での悩みはありますが
ほぼ期待通りに育ち、たくさんの夢を叶えてくれました。

大会で、それなりのポジションを確立できたのは
間違いなくターキーのおかげです。
ありがとう、本当にありがとう。

7歳になったので、次回からは『シニア』に転向します。
このカテゴリーでは、ジールのお父さんであるTRADが
ジャパンファイナルで現在2連覇中。

今季はジャパンファイナルの権利を獲って
この同じ土俵で、TRADと競うことが目標です。

この一年も、幸せな時間でいっぱいになりますように。
もっともっと遊ぼうね、ターキー。

01.jpg
02.jpg
03.jpg

2013_01_21

ガキの相手

category: 未分類  

今日、訓練卒業生のアンディが
シャンプーに来てくれました。

で、ジールのお相手をしてもらうことに・・・


11.jpg
『ねぇ遊ぼ』  『…』


22.jpg
『ねぇ遊ぼってば』  『うざっ』


33.jpg
『カッコイイお兄さん!』  『え?オレのこと?』


4.jpg
『鬼ごっこして遊ぼ』  『ちょっとだけだぞ』


5.jpg
『わーい』  『待て待て~』


6.jpg
『こっちこっち』  『待て待て~』


7.jpg
『はぁ・・・はぁ・・・


8.jpg
『おっちゃん疲れたんか?』 


9.jpg
『や、やっと捕まえたっ…どや』  


10.jpg
『もう1回やろ~♪』  『またぁ!?』


ガキの相手ご苦労さん。
ありがとうね、アンディ

運動のあとのお風呂は気持ち良かったかい?
2013_01_19

乳歯遺残症

category: 未分類  

今日、仕事で立ち寄った
知り合いのトリマーさんとの話。

最近、乳歯遺残症の小型犬が増えているらしいんです。
http://t-poodle.com/2007/03/post_13.html

室内小型犬(特にプードル)に多いようですね。

乳歯遺残症
 (ネット画像)

軟らかいフードや超小粒フードばかり食べていたり
引っ張りっこ遊びなどのハードなコミュニケーション不足
犬の小型化に伴って、顎が小さくなり噛む力が弱くなっている
などの原因が考えられます。

トリマーさんのイメージでは
『2頭に1頭以上の割合に感じる』とのこと。

昔はそんなことなかったけどなぁ・・・
『健全な食生活』
『よく学びよく遊べ』

やっぱりコレに尽きますね。
2013_01_18

お知らせ

category: 未分類  

gokoo.png
2012年度年間チャンピオン
福尾光一さん(岡山県)&GOKOO(NZヘディングドッグ)が
フジテレビ系列 1月20日(日)19時00分~放送の
「ほこ×たて」に出演します!!

是非ご覧ください!!

2013_01_17

訓練開始

category: 未分類  

いやはや何ともご無沙汰でした(汗)
年末年始のホテル犬ラッシュですっかり疲れ
やっとパソコンの前に座る気力が戻ってきました。

さてジールですが
年が明けてから、本格的な訓練を始めました。

飼う決め手となった自らの売り込み
来た初日から難なく決まったアイコンタクトなど
人間とのコミュニケーション能力が抜群のジール。

すでに家庭犬としては文句無しですが
求めているのはアスリート犬としてのパフォーマンス。
まだまだ子供なので、まずは気楽に遊びからのスタートです

予想はしていましたが、やはり物を追う本能は素晴らしいものがありました。
ただ持って帰る(レトリーブ)という意志は無し
これは先天的には、ボーダーコリーは持ち合わせていないような気がします。
レトリーブに限れば、ラブラドールやゴールデンのほうが、はるかに楽ですね。

大会でもフリスビーを捕るまでは出来ても
手元で苦労しているチームは結構多いですから。

とにかく最初の経験値が大事なので、必需品はロングロープ。
これなら『持って行かずに済んだ』という間違った経験をさせずに済みます。
あと、まだディスクは使っていません。
体が小さいのに大きいディスクをくわえさせると、
保持に手間取るうえに、走る時にもモタモタしてしまうからです。

超一流チームは例外なくリターンが速い
ターキーが一流止まりだった最大の原因が捕ってからの遅さ。
あの頃は、とにかく早くキャッチさせたくて
ディスクを捕らせることばかり夢中になっていましたから
確かにキャッチセンスは上達したけど、今でもこの悪癖に散々泣かされています。
まあ、元々のマッタリした性格の影響も大きいんでしょうけどね(笑)

なので、くわえやすい小さな骨型のおもちゃで遊ぶことにしました。
ここ数日レトリーブを理解し始めた感じがするので
まずは第一関門クリアと言えます
リターンも、性格がせっかちなので速いですね、今のところ。

こんな感じで焦らず、着実にやっていこうと思っています。

今さらピンボケですが・・・
本年もよろしくお願い申し上げます。
2013_01_15


12  « 2013_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

七面鳥

Author:七面鳥
七面鳥のひとり言へようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。